SERVER MACHINE

現在(2020年2月11日〜)使用しているサーバーマシンとその制御用端末の外観は、次の写真の通りです。
Raspberry Pi Zero W

手前にある黒いものは端末として使用しているスマートフォン。アクリル板ケースに収まっているのがサーバー本体です。端末のスマートフォンやルーターとは WiFi で接続されています。
アクリル板ケースの中身は、英国のラズベリーパイ財団が開発している"Raspberry Pi Zero W" というシングルコアのワンボードマイコンです。10USD/1台です。

スペックは次の通りです。

Model Version Zero W

SERVER IMAGE
CPU
ARM11 ARM1176JZF-S Single-Core / 1GHz
GPU
Broadcom VideoCore IV
(OpenGL ES 2.0, 1080p 30fps H.264/MPEG-4 AVC high-profile Decoder)

Memory
512MB
Storage
32GB microSD
OS
Raspbian(Debian GNU/Linux)
FileSystem
Ext4
httpd
Apache/2.x.x
Video Out
Mini HDMI(rev 1.3 & 1.4)
Audio Out
HDMI
USB
USB2.0 x1
I/O
40 Pins (GPIO, UART, I2C, SPI, CSx2, +3.3VDC, +5VDC and GND)
Network
IEEE 802.11 b/g/n 2.4
Weight
9g
Power
1. 0W (200mA x5V)
Dimensions
65 x 30 x 6 (mm)



先代(2015年2月19日〜2020年2月10日)のサーバーマシンとその制御用端末の外観は、次の写真の通りです。
Raspberry Pi

手前にある黒いものは端末として使用しているスマートフォン。透明プラスチックの箱がサーバー本体です。端末のスマートフォンとは WiFi で、ルーターとは有線で接続されています。
箱の中身は、英国のラズベリーパイ財団が開発している "Raspberry Pi2" というクアッドコアのワンボードマイコンです。35USD/1台です。

スペックは次の通りです。

Model Version2 B

SERVER IMAGE
CPU
ARM Cortex-A7 Quad-Core / 1GHz (Over Drived)
GPU
Broadcom VideoCore IV
(OpenGL ES 2.0, 1080p 30fps H.264/MPEG-4 AVC high-profile Decoder)

Memory
1GB
Storage
32GB microSD
OS
Raspbian(Debian GNU/Linux)
FileSystem
FAT, Ext4, HFS+
httpd
Apache/2.x.x
Video Out
HDMI(rev 1.3 & 1.4)/Composite(PAL/NTSC)
Audio Out
HDMI, 3.5mm Jack
USB
USB2.0 x4
I/O
40 Pins (GPIO, UART, I2C, SPI, CSx2, +3.3VDC, +5VDC and GND)
Network
100BT (RJ45)
Weight
45g
Power
3. 0W (600mA x5V)
Dimensions
85 x 56 x 15 (mm)



先先代(2012年12月23日〜2015年2月19日)のサーバーマシンとその制御用端末の外観は、次の写真の通りです。
Raspberry Pi

手前にある白いものは端末として使用していたスマートフォン。奥に写っている透明プラスチックの箱がサーバー本体です。端末のスマートフォンとは WiFi で、ルーターとは有線で接続されています。
箱の中身は、英国のラズベリーパイ財団が開発している "Raspberry Pi" というワンボードマイコンです。円高のタイミングで購入したので、およそ 3,000 円/1台でした。

スペックは次の通りです。

Model B Revision 2

SERVER IMAGE
CPU
ARM1176JZF-S(ARM11)/950MHz (Over Drived)
GPU
Broadcom VideoCore IV
(OpenGL ES 2.0, 1080p 30fps H.264/MPEG-4 AVC high-profile Decoder)

Memory
512MB
Storage
32GB (SD/MMC/SDIO)
OS
Raspbian(Debian GNU/Linux)
FileSystem
FAT, Ext4, HFS+
httpd
Apache/2.x.x
Video Out
HDMI(rev 1.3 & 1.4)/Composite(PAL/NTSC)
Audio Out
HDMI, 3.5mm Jack
USB
USB2.0 x2
I/O
26 Pins (GPIO, UART, I2C, SPI, CSx2, +3.3VDC, +5VDC and GND)
Network
100BT (RJ45)
Weight
45g
Power
3. 5W (700mA x5V)
Dimensions
85 x 56 x 15 (mm)



先先先代(2002年8月5日〜2012年12月23日)のサーバーマシンの外観(イメージ)は以下のとおりです。
MADE IN U.S.A. の "The Connection Machine" とは無関係です。
NON-THINKING SERVER MACHINE


実際のものは、こんな感じです。ちょっとうるさいので玄関に設置していました。

SERVER MACHINE

スペックは以下の通りです。

Model SCPH-37000B

SERVER IMAGE
CPU
R5900/294.912MHz/EE, R3000/36.864MHz/IOP
Floating Point Performance
6.2 GFLOPS
3D CG Geometric Transformation
66 Million Polygons per second
Memory
32MB/EE, 2MB/IOP, 4MB/GS, 2MB/SPU2
Storage
CD-ROM(24 times speed)/DVD-ROM(4 times speed) Drive, 40GB HDD, 8MB Memory Card
OS
Linux/2.x.x
FileSystem
Ext2 FS, Reiser FS
httpd
Apache/1.x.x
Video Out
NTSC/PAL/VGA/SVGA/XGA
Weight
2.2kg (except HDD Unit)
Dimensions
301 x 182 x 78 (mm)


上記のマシンにトラブルが発生した場合は、下のノートパソコンが代替機として充てられます。
ちょっと非力なマシンですが、初代(2002年2月24日〜2002年8月5日)のメインサーバーマシンとして使用していたものです。

Model Compaq CONTURA AERO 4/33C

SERVER IMAGE
CPU
Intel i486SX/33MHz
Memory
12MB
Storage
2GB HDD + FDD (1.44MB/1.2MB/720KB)
OS
Linux/2.x.x (Vine)
FileSystem
Ext2 FS
httpd
Apache/1.x.x
NIC
3com 589
Display
Passive STN 16Color LCD/640x480Pixels/7.8Inch
Weight
1.9kg
Dimensions
260 x 190 x 43 (mm)